亀頭増大術は

亀頭が小さいことは男性にとって大きな悩みのひとつではありますが、そんな人であれば「確実に治療できる」という方法があれば試してみたいものです。亀頭を大きくするための確実な治療法には外科治療があります。この外科治療のなかでも様々な方法があります。

 

最も代表的なものといえるのが、コラーゲンやヒアルロン酸を注射して亀頭増大を試すといった方法が最もポピュラーなものでしょう。直接亀頭に作用することができますので、早い段階で効果が出るのはもちろん、確実性も高いものとなっています。

 

この点は外科治療で亀頭増大を試す上での大きなメリットといえますが、もちろんデメリットもあります。亀頭を増大させるためには費用がかかる、というものです。亀頭増大のための外科治療には健康保険が適用されませんので、費用は全額自己負担となります。

 

1回の手術につき10〜20万円ほどの費用がかかります。しかもその効果については一生続くというものではなく、いずれは亀頭増大の効果もなくなってしまいます。大きくなった亀頭のサイズを維持するためには何度も治療を受けなければならず、その都度費用が発生することを考えると百万単位でお金が必要になってしまうことになります。

 

ここまでのお金を亀頭増大のためだけにつぎこめるか、ということを考えるとふつうに仕事をしている人の場合はまず不可能でしょう。中には借金をしてまで亀頭増大を目指す人もいるほどです。

 

また、費用が高いだけでなく手術を受けることから失敗する可能性もあります。金銭的・肉体的両面のリスクが高いということになりますので、まずは外科治療以外の亀頭増大方法を試してみると良いでしょう。そのうえで全く効果がなければ外科治療を受けるといった選択を考えるようにしましょう。