食事とサプリメントで低身長対策

身長が極端に低い際は検査をすることで、医学的に低身長とされます。しかし、低身長と診断されたとしても、成長ホルモン投与での治療が出来るのは5%程度になります。それ以外の95%の方は治療の必要がないか、治療が出来ないということになります。

 

ただ、親としては低身長と診断されたのに何も出来ないとなるともやもやしてしまうでしょう。ですので、低身長に関係する知識、また食事とサプリメントを使用した低身長対策について説明します。
低身長の定義
子供の身長は伸び方も様々ですし、生まれた月によって多少の違いも出てきます。ですが、そうはいっても子供のことが気になるのは当然のことだと思います。友達の子が急激に身長が伸びたりすると心配になったりもするでしょう。

 

ただ、まず言えることは、多少小さいくらいだったら低身長となりません。低身長というのは、誰が見ても低いという状態のことであり、医学的な定義としては同性で同年齢の平均身長の-2標準偏差以下とされています。

 

簡単に100人並んで前から3番目くらいまでの子が低身長に該当する可能性があるということになります。また、もし気になる場合であれば専門医に相談してみると検査をしてくれて低身長かどうか判断することができます。

 

また、治療方法としては成長ホルモン治療というものがありますが、誰にでも受けられる治療法ではありません。原因なども関係しますが、まず治療のことを考える前に成長ホルモンを分泌させやすい生活習慣に変えるようにしましょう。睡眠や食事、運動などによって成長ホルモンの分泌は左右されますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。